【新生FF14】タムタラのエッダちゃん手記のまとめ。病み過ぎててヤバイ!見事に闇堕ちしてた件

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

いよいよ来ましたパッチ2.3!
新しい要素が盛り沢山で、どれから手をつけるか迷います。

さて前々からエッダちゃんに付いては色々噂されてましたが、今回実際にタムタラハードに行って見てきましたよ!

スポンサーリンク

「惨劇霊殿タムタラの墓所」道中に落ちているエッダの手記が病み過ぎてる。異常性が上手く表現されているが……

いわゆる普通のIDなのですが、タムタラは以前より人気だった(?)キャラのエッダが主役になっています。

プレイヤーのメインシナリオでもちょろっと出てきた程度でしたが、恋人でリーダーのアヴィールが功を焦って死亡しPTがバラバラになってしまいます。この時点でアヴィールの生首持ってたりと若干キャラ立ってたわけですが……(笑)

その後主人公と合い、「私も頑張ります!」という感じでわかれたはずだったんですが何と今回見事に闇堕ちして帰ってきました。

タムタラハードでは道中にエッダの手記の断片が落ちていますが、それの内容がちょっとヤバイです。
手記が落ちていた順に掲載してみます。

このときまでが冒険者が最後にエッダと会ったときの話です。
これ以降はエッダのその後が書かれています。

一度故郷に帰ったみたいです。
しかし、世界の広さを知ってしまったことで、冒険への憧れがやはり消えないようです。

冒険に出よう。

もう一度、あの人といっしょに(物理)

もうお気づきですね?そうです……それです。

ここからはエッダの冒険について書かれています。

ここだけ見るととってもロマンチックなお話なんですが、既に何かおかしいことになってきています。この先が心配でたまりません。

この手記の後に、立会人リアヴィヌとの戦闘になります。
墓から掘り起こされて何とも気の毒な方ですね……。

その後手記によるとザナラーンへ行ったようですが……。

顔色が悪い……つまりそれって腐ってきてるんでは……。

ここで「耳元で囁く」、という表現が出てきてかなり怪しい雰囲気になってきます。

どうやら死んだアヴィールの首に合う身体を探しているようです。
そりゃあ「健全なる精神は健全なる身体に宿る」とは言いますが……w

お気づきでしょうか、このあたりからアヴィールの呼び方が、「あの人」から「あなた」へ変わっています。結婚式をあげるという名目で呼び出されたわけですが、とんでもないことになってきました。

毎日毎日アヴィールはエッダに囁いているようです。
それが聞こえるエッダもだいぶ堕ちてきている証拠でしょうか……。

アヴィールに相応しい身体を見つけるのが最終目標となっているっぽいです。

この後今回呼び出しを食らったパイヨ・レイヨが拘束されてる中ボスとの戦闘になります。このときの中ボスの名前が「スペアボディ」でしたね。

さて、中ボスとの戦闘のあとは手記も残りわずかです。

見事に「ひらがなだけ」の手記になりました。エッダの異常性が文体にもはっきり表現されています。

「きっと、たましいだってくれるはずよ」と、もはや完全に闇堕ちしました。本当にありがとうございました。

いよいよボス戦!エッダの愛したアヴィールとの戦闘、勝利してもどこか後味の悪い結末に

そしてボス戦。
変わり果てたアヴィールとの戦闘になります。

首だけになったアヴィール。
身体は冒険者のものが欲しいらしい。

アヴィールさんの原型はもう頭装備くらいしかわからない……。

「あなたが気にかけていた冒険者も ほら とっておきの身体を持ってきてくれたわ!」

と、エッダもとても嬉しそうにしています。

そしてこの笑顔である。ヤンデレスマイル☆

ヤンデレ状態のエッダちゃん。
どうしてこうなってしまったのか……。

最終的にアヴィールを倒し、放心状態のエッダは足を踏み外して谷底へと落下します。

ムービー途中に宝箱開奴~w
勝利するも、主人公の顔は浮かない。

谷底へ落下する際エッダが一瞬不適な笑みを浮かべます。
これは一体何を意味するのかは今のところわかりません……。

クエスト完了報告時にも凝ったムービーが用意されている。ホラー映画のような演出に注目だ!

道中の手記を主に掲載して書きましたが、このエッダちゃん関連ムービーは結構作りこんであったりします。

キャラの表情も多彩ですが、ホラー映画のような演出も注目すべきでしょう。

死んだはずのエッダが……!
エッダの不気味な笑顔。

タムタラ攻略後、以来をしてきたパイヨ・レイヨに報告をしに墓地へいくのですが、そこでもカットシーンがあります。

パイヨ・レイヨだけに見えていたようですが、落下して死んだはずのエッダがたたずんでいて、こちらに不気味な笑みを浮かべたりする演出があります。さながら日本のホラー映画のような感じでした。

事件屋同様に、開発側も力を入れて作ってる気がします。
こんな言い方したら語弊がありますが、無駄なところの作りこみがすごいんですよねぇFF14は……(笑)

エキスパートIDからブレフロが外されてしまいましたが、今後はどうなるのでしょう。
アムダッシュ、ワンダッシュ、ブレフロダッシュと続いて、「エッダッシュ」がメジャーになったりするのでしょうか。楽しみです!

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク