週刊ロビ(Robi)ブログ第67号、音声認識ボードにケーブルを接続して頭部へ取り付ける

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニの週刊ロビ第67号の組み立てブログです。

今回は付属の音声認識ボードをロビの頭部へ取り付けていきます。

スポンサーリンク

パーツの確認から。今回の付属は音声認識ボードのみ

まずは付属パーツの確認から。

週刊ロビ第67号。
音声認識ボードが付属。

今回付いてくるパーツは以下のとおりです。

  1. 音声認識ボードx1
  2. 六角ポストx4

また今号で使用する保管パーツは、

  • 第66号で組み立てた上半身
  • 第66号付属の音声認識/リモコンケーブル
  • 第64号で付属のM2x5mmなべネジx1

となっています。

第67号で使用する保管パーツ。

これらのパーツも予め用意しておきましょう。
場合によってネジは使わなくても問題ないのですが、一応こちらも。

音声認識/リモコンケーブルをボードに接続したら、ヘッドベースに取り付けて六角ポストで固定する

では組み立てていきましょう。
まずは付属の音声認識ボードに、保管パーツの音声認識/リモコンケーブルを接続します。

2つあるコネクターのうち、右側のコネクターにケーブルを接続。

ボードを上の画像のような向きにしたとき、2つあるコネクターの右側部分に音声認識/リモコンケーブルを接続します。

ケーブルコネクター部分にも切り欠きがあるため迷うことはないと思いますが、ケーブルの金属部分が見えていない方を上向きにしてケーブルを差し込みましょう。

ヘッドベースから出ているケーブルをもう片方のコネクターへ。

次にヘッドベース中央の穴部分から出ている「音声認識ボードケーブル」を、先程のボードにあるもう片方のコネクターに接続します。

こちらも先程同様、金属部分が見えない方を上向きで差し込みます。
ここまでできたら、このボードをヘッドフレームに取り付けていきましょう!

ヘッドフレームに音声認識ボードを搭載する。

ヘッドフレームの4つあるネジ穴に音声認識ボード四隅のネジ穴をあわせます。
ボードは精密な部品なので作業は慎重に!

ネジ穴を合わせたら、六角ポストをネジ穴に入れて指で摘んで回します。
指でも回せますがちょっと作業しづらい部分もあるので、六角ポストは4mmのソケットレンチやスパナを使うことでも締めることができるので、もしそういった工具があればそちらが簡単です。

もし工具がない場合は、用意していたM2x5mmなべネジの出番です!
これを六角ポスト上部のネジ穴に入れてゆっくりと締めていくことで、回転させて固定することができます。

六角ポストは「ポストがぐらぐらしない程度にしめる」だけで良いので、あまりきつく締めすぎないようにだけ注意しましょう。

ポストを固定したら、ポスト部分を押さえてM2x5mmなべネジだけを反対に回して抜き取ります。他3ヵ所も同様にしてポストでボードを固定します。

週刊ロビ第67号の完成!頭部に音声認識ボードが取り付けられた

今号の組み立て作業は以上となります。
週刊ロビ第67号での完成品はこちらです!

週刊ロビ第67号での完成品。音声認識ボードが搭載された!

ロビのヘッドフレームに音声認識ボードが取り付けられました!
何だか人間の脳みそみたいなイメージですね~。

デアゴスティーニ公式の組み立てサポート動画、第67号分はこちら。

ロビの組み立ても67号まで来ましたね!完成までもうちょっとです。
さて、次回の週刊ロビ組み立てブログは第68号分となります。

次号では付属のリモコンボードを取り付けていきますよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク