週刊ロビ(Robi)ブログ第55号、左ボディの切り欠きに組み立てたスピーカーを取り付ける

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニから発売されている週刊ロビ。
第55号の組み立て記事です。

今号ではロビの音声を鳴らすためのスピーカーが付属してきます。

スポンサーリンク

パーツの確認。スピーカー本体の取り扱いは慎重に行なう

ではパーツの確認をしていきましょう。

週刊ロビ第55号。
スピーカーパーツが付いてくる。

今号で付属するパーツは以下のとおりです。

  1. スピーカーステーx1
  2. スピーカーカバーx1
  3. スピーカーx1
  4. M2x6mm皿ネジx3

スピーカーのパーツは非常にデリケートなものなので、特に黒いコーン紙部分は直接手で触らないように注意しましょう!

使用する保管パーツは、

  • 第51号で動作テストした左腕

第51号で動作テストをした左腕を用意する。

となりますので、こちらも予め準備しておきます。

スピーカーをカバー、ステーと組み合わせたら左ボディに取り付ける。黒いコーン紙部分には触れないように注意

では組み立てに入ります。
まずはスピーカー本体をスピーカーカバーの内側に形をあわせてはめます。ケーブルの取り回しと、スピーカーの黒いコーン紙部分に直接触れないように注意しながら作業をします。

このような状態でスピーカーカバーとステーを組み合わせる。

次にスピーカーステーと左腕を用意したら、左肩サーボのケーブルをスピーカーステーの中央にある四角い穴に向こう側から手前に向かってケーブルを通します。

上記の画像のように2つのパーツの準備ができたら、スピーカーカバーとスピーカーステーの角の形をあわせるように組み合わせます。

サーボケーブルが抜けないようにしつつ、スピーカーのケーブルをパーツの間に挟んだりしていないかを確認します。

組み合わせたらネジでステーとカバーを固定する。

両方のパーツを組み合わせたら、M2x6mm皿ネジを2本使ってステーとカバーを固定してあげます。

あとはこのスピーカー部分をロビの左胴体部分に取り付けるだけです。
サーボケーブルを引っ張りながら、スピーカーカバーをボディの切り欠き部分にあわせて差し込みましょう。

週刊ロビ第55号の完成!胸にスピーカーの取り付けが完了した

今号の組み立て工程は終了です。
週刊ロビ第55号での完成品はこちら!

週刊ロビ第55号での完成品。スピーカーが組み込まれた。

ロビの胸の部分にある特徴的なマーク部分にスピーカーが組み込まれましたね。
ここからロビの声(CV:大谷育江)が発生します!

早く喋って欲しいですね~。

デアゴ公式の週刊ロビ組み立てサポート動画、第55号分はこちらです。

次回の週刊ロビ組み立てブログ記事は第56号分となります。
次号では音声認識ボードケーブルなどのパーツが付属し、ロビのマフラーにサーボモーターを取り付ける工程となります!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク