週刊ロビ(Robi)ブログ第41号、左ひざ用サーボの動作確認とIDの書き込みをする

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニから発売中の週刊ロビ、第41号の組み立てブログ。

今回は左ひざ用となるサーボモーターの動作確認と、IDの書き込み作業となります。

スポンサーリンク

パーツの確認から。付属部品はサーボモーターのみ

ではまずパーツの確認をしていきます。

週刊ロビ第41号。
左ひざ用のサーボのみ。

今号で付属するパーツは以下のとおり。

  1. サーボモーター(左ひざ用)x1

また、今号で使用する保管パーツは、

  • 第40号で保護シールを貼り付けたサーボケーブル
  • 第8号で組み立てたヘッドスタンド

となります。

今号で使用する保管パーツ。

予め準備しておきましょう!

サーボモーターの裏ぶたを取り外し、ケーブルを接続して動作の確認を行なう

では組み立てに入ります。
まずは付属のサーボモーターの裏ぶたのネジを緩めて取り外します。

サーボケーブルをコネクターに接続する。

サーボモーター基板上の白いコネクターのどちらか一方に、用意したサーボケーブルを接続します。

接続するコネクターはどちらでも大丈夫ですが、私はいつもどおりガイドブックと同じ方に接続しました。

ケーブルをしっかりと接続したら、先程取り外した裏ぶたの円い穴にサーボケーブルを通して、元通りにはめたらネジで締めましょう。

準備は整いましたので、早速サーボモーターの動作確認です。
ヘッドスタンドの電源がオフになっていることを確認して、コネクターにサーボケーブルを接続します。

LEDの【1】だけが点灯した状態。

電源スイッチをオンにすると、すべてのLEDが2回点滅したあとに、【1】のLEDだけが点灯するので、この状態で【TEST/SET】スイッチを1回押します。

サーボモーターのシャフトが【左45度→右45度→正面】と回転して停止すればサーボモーターは正常に動作しています。

サーボモーターに左ひざのIDを書き込む。今回書き込む番号は【9】番

サーボの動作確認ができたら、IDの書き込みを行ないます。
今回書き込む番号は【9】番ですね!

【UP】スイッチを押してLEDの【9】を点灯させる。

テストボード上の【UP】スイッチを8回押して、LEDの【9】が点灯した状態にします。

次に、【TEST/SET】スイッチを長押ししましょう。
すると、LEDの【9】が素早く点滅を続けて、およそ3秒後に点灯へと変わります。これでIDの書き込み作業は完了しました。

正しくIDが書き込まれているか確認するためには、一度電源をオフにしたあとに、再度オンにしてください。

その状態ではLEDの【1】が点灯しているはずです。
そこから【TEST/SET】スイッチを1回押してあげたときに、LEDの【9】が点灯して先程のようにサーボモーターのシャフトが回転すれば、IDは正しく書き込まれています。

他のLEDが点灯したり、動作がおかしい場合はもう一度ID書き込み作業をやり直しましょう!

週刊ロビ(Robi)第41号の完成!左ひざ用のサーボモーターが完成した

週刊ロビ第41号での完成品はこちらです。

週刊ロビ第41号での完成品。左ひざサーボだ。

IDの書き込み・動作確認が終わって、左ひざ用のサーボモーターが出来上がりました。
これで取り付け準備はバッチリですね!

デアゴスティーニの公式組み立てサポート動画、第41号分はこちらです。

さて、次回の週刊ロビ組み立てブログは第42号となります。
次号では左ひざの関節を組み立てていきますよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク