週刊ロビ(Robi)ブログ第31号、股関節(縦回転)サーボにIDを書き込み、右脚へ取り付ける

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニから発売中の週刊ロビ。
組み立てブログ第31号分です。

今回は付属のサーボモーターにIDを書き込んで、それを前回までの右脚に組み込みます。

スポンサーリンク

パーツの確認。今号はサーボモーターのみ

では付属パーツの確認です。

週刊ロビ第31号。
右股関節のサーボモーター。

今号付属するパーツは以下のとおり。

  1. サーボモーター(右股関節・縦回転)x1

サーボモーターのみとなっています。
このサーボは右脚に取り付ける4つ目のサーボモーターで、右股関節を縦に回転させるためのものです。

ロビが前後に移動するときは、このサーボモーターが活躍することになりますね。

そして使用する保管パーツは、

  • 第30号で組み立てた右脚
  • 第30号でシールを貼り付けたサーボケーブル
  • 第8号で組み立てたヘッドスタンド

となりますので、こちらも準備しておきましょう。

準備する保管パーツ。

サーボモーターにケーブルを接続して、動作確認とIDの書き込みを行なう。今回書き込むIDは【3】番

早速組み立てに入ります。
まず付属のサーボモーターのネジを外して裏ぶたを取り外します。

コネクターの一方にケーブルを接続。
ネジは対角線の2本だけで大丈夫だ。

用意していたサーボケーブルを、基盤上のコネクターのどちらか一方へ接続します。
いつものように組み立てガイドと同じコネクターに接続しました。

先程外した裏ぶたを取り付けるのですが、今回はID書き込み後すぐに取り付けてしまうので、ネジは対角線上の2本だけで大丈夫です。

ではこのサーボモーターの動作確認をしましょう。

ヘッドスタンドにサーボモーターを接続する。

ロビのヘッドスタンドに、先程のサーボモーターを接続します。

電源スイッチをオンにすると、すべてのLEDが2回点滅したあとに、【1】のLEDだけが点灯します。

この状態で、【TEST/SET】スイッチを押して、サーボモーターのシャフトが「左45度→右45度→正面」と回転して停止すれば大丈夫です。

次にサーボモーターへIDの書き込みをしていきます。
テストボード上の【UP】と書かれたスイッチを2回押して、LEDの【3】が点灯した状態へもっていきます。

LEDの【3】が点灯した状態にする。

ここから【TEST/SET】スイッチを長押しすることで、LEDの【3】が激しく点滅を続けてから点灯へと変わり、IDの書き込みが完了します。

正しく書き込まれたかどうか確認するには、一度電源をオフにしたあと再度入れなおして、【TEST/SET】スイッチを押します。

サーボモーターのシャフトが先程のように回転し、LEDの【3】だけが点灯すれば正しく書き込まれています。

IDを書き込んだサーボモーターを右脚のフレームに取り付ける

ID書き込みができたら、このサーボモーターを早速右脚へ組み込みましょう。
まずはサーボのネジを外して、裏ぶたを取り外します。この裏ぶたはもう使用しません。

保管パーツの右脚を用意し、右ひざ部分から出ているサーボケーブルをサーボモーターのもう一方のコネクターに接続します。

円い穴にケーブルを通す。
サーボをフレームにはめ込む。

コネクターに接続できたら、右ひざフレームの上部の円い穴にサーボモーターから出ているケーブルを通します。

そのままケーブルを挟まないように注意しつつ、サーボモーターを右ひざフレームにはめ込みます。

横から見てもフレームからサーボモーターがはみ出さないように、しっかりと奥まで入れましょう。

あとは裏ぶたを外したときのネジを4本使って、サーボモーターを右ひざフレームへ固定してあげれば完成です。

週刊ロビ(Robi)第31号の完成!

今号の組み立て作業は終了です。
週刊ロビ、第31号での完成品はこちらです!

週刊ロビ第31号での完成品。

ロビの右脚に4つ目の関節となるサーボモーターが組み込まれました。
ますます脚らしくなってきましたよ~!

デアゴスティーニの公式組み立てサポート動画、第31号分はこちらです。

さて、次回の週刊ロビ組み立てブログ記事は第32号となります。
次号では右股関節のフレームを取り付ける工程ですよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク