週刊ロビ(Robi)第27号、2つのサーボを取り付けて右足首の関節と足を組み立てる

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニから発売中の週刊ロビ組み立て記事、第27号です。

今号では付属パーツの他、今まで保管してきたパーツをすべて取り付けて、右足首の関節と足を組み立てていきます。

スポンサーリンク

付属パーツの確認。土台となる足のパーツが目を引く

まずはパーツの確認です。

週刊ロビ第27号。
足と足裏のパーツがメイン。

パーツの内容は以下のとおり。

  1. 右足カバーx1
  2. 右足パネルx1
  3. M2x7mm皿ネジx4
  4. M2x6mmなべネジx5
  5. M2x6mm皿ネジx3

今回はネジが3種類も付いてきます。
その他、保管していた第25号で組み立てたサーボモーター、第26号でテープを貼ったサーボモーター、そして第24号で使わなかった「足首ジョイント」と「足首サイドパネル」を使用しますので、こちらも準備しておきます。

組み立てに使用する保管パーツ。

右足パネルに横回転用サーボモーターを取り付けて、足首ジョイントを組み込み固定する

では組み立てに入りましょう。
まずは土台となる右足パネルに、第25号で組み立てた横回転用サーボモーターを取り付けていきます。

右足パネルを上から見たところ。

上記画像は右足パネルを上から見たところです。
上部の四角いスペースに、丁度サーボモーターが収まるようになっています。

斜めの溝にケーブルを通す。
右足首フレームを外側に開く。

横回転用サーボモーターの黒い面が見えない向きで画像のように配置します。
このとき右足パネルの斜めの溝に、サーボケーブルを通しておきます。

溝からサーボケーブルがはみ出ないようにしながら、四角いスペースの部分にサーボモーターをはめていきます。

そして指でしっかりと押さえた状態で、シャフトに刺さっている右足首フレームを外側へ開きましょう。

足首ジョイントをこの向きで。
フレームとパネルの間に差し込む。

次に足首ジョイントを組み込みます。
上記画像のような向きで足首ジョイントを、右足首フレームの円い穴に差し込んで、右足パネルに差し込みます。

右足首フレームを少し浮かせるようにすれば、無理なく差し込むことができます。

右足首カバーの2箇所をネジで締める。
足首ジョイントの2箇所も同様に。

あとはネジで固定してあげます。
M2x6mmなべネジ(5本付いてくるネジ)で右足首カバーの上、横の2箇所。
そして足首ジョイントの2箇所も同様にネジで締めていきます。

縦回転用のサーボモーターを取り付ける。サーボケーブルの扱いに注意

今号は組み立て作業が結構多いですね。
次は縦回転用のサーボモーターを足首へ取り付けていきましょう。

ケーブルを2箇所の穴に通す。

まずは先程取り付けたサーボモーターから出ているケーブルを、足首ジョイントの穴に通します。

そのまま右足首フレームにある四角い穴にも通しておきます。

足首テープを貼ったサーボのケーブルを円い穴に通す。

足首テープを貼ったサーボモーター(縦回転用のサーボ)の裏ぶたを外したら、サーボケーブルを右足首フレームの内側から円い穴に通します。

空いているコネクターに横回転サーボのケーブルを接続。
ケーブルを挟まないようにフレームへはめる。

先程四角い穴に通した横回転用サーボのケーブルを、縦回転用サーボの空いているコネクターへ接続します。

ケーブルの長さに余裕があまり無いため、取り付けに手間取る場合もあるかもしれませんが、無理に引っ張って断線しないように慎重に作業します。

ケーブルを接続したら、右足首フレームへサーボモーターをはめていくのですが、このときフレームとサーボモーターとの間にケーブルを挟んでしまわないように注意してください。

フレームへはめ込むと、丁度フレームから出ているサーボの部分が白いテープで覆われていて、黒い部分が目立たないようになっています。

なるほど、サーボモーターにテープを貼り付けたのはこのためでした。

あとは裏ぶたを外したときのネジを使って、右足首フレームとサーボモーターを固定してあげましょう。

右足カバーと足首サイドパネルを取り付けて右足を完成させる

さあ今号の組み立て作業もいよいよ大詰めとなります。

ケーブルの余計なたるみをなくす。

横回転用サーボモーターと、縦回転用サーボモーターを繋ぐサーボケーブルを上記の画像の矢印の方向へ引っ張り、右足パネル側に余計なたるみが残らないようにしてあげます。

ケーブルがフレーム側にあることを確認した状態で、右足カバーを右足パネルと同じ向きにしてかぶせます。

右足カバーをかぶせる。
裏返して3つのネジ穴を締める。

右足パネルと右足カバーが外れないように押さえつつ、裏返しにします。
足裏には3つのネジ穴がありますので、M2x7mm皿ネジ(4本付いてくるネジ)を3本使って、カバーとパネルを固定しましょう。

足首サイドパネルをはめる。

そして、保管しておいた足首サイドパネルを右足首フレームへ上記の画像のように取り付けて、M2x6mm皿ネジを使って固定してあげたら、組立作業は終了です。

最後に右足首フレームを起こして完成となります。

週刊ロビ(Robi)第27号の完成!

週刊ロビ第27号の完成品はこちらです!

週刊ロビ第27号での完成品。

見てください!もう見事に「足」だとしか言いようがありません!(笑)

ここしばらくサーボモーター個別の組み立てなどが続きましたが、今号で一気に右足が組みあがりました。

今号は色々と工程も多く、作業も少し大変でしたが、こうやって形になると頑張った甲斐がありますね。

デアゴスティーニ公式の組み立てサポート動画、第27号分はこちらです。
今号は作業も多かったので、動画もとても参考になると思います。

さて、次回の週刊ロビ組み立て記事は第28号となります。
今度は右足の「すね」の部分の組み立てをしていきますよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク