週刊ロビ(Robi)第25号組み立て。横回転用右足首サーボに右足首フレームを取り付ける

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニの週刊ロビ、第25号の組み立て記事です。
前号で右足首カバーと組み合わせたサーボモーターに、右足首フレームを取り付けていきます。

この右足首フレームは、もう1つのサーボモーターと組み合わさり、足首の骨格となる重要なパーツです。

スポンサーリンク

付属パーツの確認から。今号も組み立てに使うパーツは1つだけ

ではまず付属パーツの確認をしていきます。

週刊ロビ第25号。
今回使うのはフレームだけだ。

パーツの内容は以下のとおり。

  1. 足首テープx2
  2. サーボケーブル(135mm)x1
  3. 右足首フレームx1

今回の組み立てでは、右足首フレームのみを使用します。

使用する保管パーツ。

今回の組み立てには、第24号で組み立てた右足パーツと、第3号で付属した保護シールが必要なので、こちらも準備しておきます。

サーボモーターのシャフトに右足首フレームを差し込む。メインの組立作業はこれだけ

では組み立てに入りましょう。
しかし、今号の作業は前号よりさらに簡単なものとなっており、組み立て自体は一瞬で終わってしまいます。

いままでで一番簡単な作業ではないでしょうか。

右足首フレームのDカット(切り欠き)。
サーボシャフトのDカット。

前号までで組み立てた右足と、右足首フレームを合わせます。

右足首フレームは長方形の面を下に向け、サーボモーターはシャフトの側が下になるようにすると、丁度Dカットが共に上向きになります。

しっかりとシャフトに差し込む。

その状態で、右足首フレームの穴にサーボモーターのシャフトをしっかりと奥まで差し込みます。

これでメインの組み立て作業はおしまいです。

保護シールを貼り付けて、サーボケーブルの準備をする

後はいつもながらの保護シール貼り付けを行なうだけです。

【PUSH】と書かれた表面に貼る。

付属のサーボケーブル(135mm)の【PUSH】と書かれた表面に、保護シールを貼り付けます。

コネクターからはみ出さないように貼り付けて、もう一方も同じように貼り付けたら完成です。

週刊ロビ(Robi)第25号の完成!

今号の組立作業は以上です。
週刊ロビ第25号の完成品はこちら!

第25号の完成品。

組み立て自体は、シャフトに差し込むだけの非常に簡単な作業でしたが、右足首フレームは2つの関節の中心となる重要な部分となります。

今号の組み立てでは足首テープは使いませんでした。

余ったパーツは大切に保管しよう。

前号の余ったパーツ「足首サイトパネル」「足首ジョイント」と一緒に、無くさないように大切に保管しましょう。

第25号分の、デアゴスティーニ公式組み立てサポート動画はこちらです。

さて、次回の週刊ロビ組み立て記事は第26号です。
次号ではサーボモーターが付属しますので、IDの書き込みなどを行ないますよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク