鰻型パン、セブンイレブンのう~なぎチョコパンを捕獲。土用丑の日の期間限定らしい

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

先日、7月22日は土用の丑の日(一の丑)ということで、ちまたは「うなぎ」で溢れていましたね。
そんな中、たまたま立ち寄ったセブンイレブンで奇妙な物を発見。

「う~なぎチョコパン」と書かれた黒くて長い菓子パン……。
気になってついつい買ってきてしまいました。

スポンサーリンク

土用の丑の日といえばウナギ!セブンイレブンの「う~なぎチョコパン」!しかしパンまでウナギにしてしまうとは……

さて、こちらがその「う~なぎチョコパン」である。
お値段は145円!

これが「う~なぎチョコパン」だ!
シュールな注意書きがジワジワくる。

何とも奇妙な菓子パンです。
黒くて長いパンのようなものが袋詰めにされているのです。

ウナギを模したパンというだけで、当然ウナギの味がするとかそういうことはありません。
パッケージの表面にも「※本商品にうなぎは入っておりません。」と表記されています。

チョコパンなのだから常識で考えればわかるのですが、あえて画像のようなシールまで貼っているあたり、狙ってきてますよね(笑)

このパン自体、最初からジョーク商品として作っているように思えます。
個人的にツボったので、即買いしてしまいました。

捕獲したう~なぎチョコパンを観察する。体長はおよそ25cm!意外に凝ったつくりで面白い

せっかくなので色々と観察してみることにしました。

皿に乗せてみる。

うぅ~ん。
何だかすごい画です。白い目が素敵ですね。まるで死んだ魚のような目です!

ウナギチョコパンなのですが、この重厚感……。
何だか「オオサンショウウオ」っぽく見えてきます。

色々な角度から見てみましょう。

ちゃんとエラや胸ビレがある。
尾ビレもある。

大雑把なつくりかと思いきや、割と特徴をよく捉えており、胸ビレやエラ、尾ビレなどもちゃんとあります。

ちなみに若干濡れているのは、直前まで冷蔵庫に入れていたために結露が生じてしまったからです。

迫力満点!もはや怪獣……、いや海獣?

背中からお腹へかけて滴るチョコレート……、もはやウナギではない「何か」を感じます。

およそ25cm!中々大物。

長さを測ってみると、約25cmありました。
中々の大物でしょうか!

早速食べてみる。味は至って普通のチョコレートパンだが、見た目だけで値段以上の価値あり!

そろそろ小腹も空いてきましたし、早速このウナギチョコパンを食べてみることにしましょう。
胴体部の断面を見るため、包丁で一刀両断します!

中央からスパッといきます。

胴体中央部に包丁を入れ、スパッと半分に。

断面図。

こちらがう~なぎチョコパンの断面です。
背中の部分に膨らみがあります。

ここにはフラワーペーストが入っており、下地のパンと、チョコレートコーティングに挟まれるようになっています。

このフラワーペーストで背中の部分の立体感を表現しているんですね。
中々面白い作りです。

さて、肝心の味の方ですけれども。
「しっかりとしたパン生地にちょっぴりビターなチョコレート、そこへほのかに甘いフラワーペーストが加わって……」というような感じでしょうが……、チョコレートとパンの味を想像してみてください。そう、まさにその味です!(笑)

おいしいのですが、得に変わったところは無く、普通のチョコレートパンでした。

しかし、語弊があるかもしれませんがこの商品に関していえば味など二の次です!
何といってもこのウナギ型というインパクト!只々それに尽きるでしょう。

お値段は145円しますが、質量的にみても特別高いわけではないですし、この存在感が味わえるのですからむしろお買い得ですよね?

土用の丑の日にあわせての期間限定とのことですが、2013年は8月3日に二の丑があるので、また販売してくれるのでしょうか。

私もまた見かけたらぜひ購入したいところです。

動画で見よう!う~なぎチョコパン

う~なぎチョコパンが個人的にかなりツボったので、動画も撮ってみました。

う~なぎチョコパンの迫力が少しでも伝われば良いのですが……!

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク