週刊ロビ(Robi)第20号組み立て。左肩関節を作ってボディへの取り付け準備をする

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニから発売中の週刊ロビ組み立て記事です。
今回は第20号、左上腕に肩のパーツを組み込んで、ボディへの取り付け準備を行ないます。

スポンサーリンク

付属パーツの確認、左腕用の肩連結金具など

まずは付属パーツの確認です。

週刊ロビ第20号。
金属パーツの付属は2回目だ。

第20号での付属パーツはこちら。

  1. 肩フレームx1
  2. 肩パネルx1
  3. 肩連結金具x1
  4. M2x7mm皿ネジx3
  5. サーボケーブル(135mm)x1

左腕用の肩連結金具が付いてきます。
金属パーツが付属するのは第12号以来ですね。

その他にも第19号で組み立てた左腕と、第3号で付属した保護シールの保管パーツを使いますので、予め準備しておきます。

使用する保管パーツ。

左腕から伸びるサーボケーブルを肩連結金具に通す

では組み立てに入ります。
まずは左腕から伸びているサーボケーブルを肩連結金具の一番下の大きな穴に通します。

金具の大きな穴にケーブルを通す。
通したケーブルを楕円形の穴に通す。

次に連結金具の大きな穴をサーボケーブルが出ている円柱部分に合わせ、上記の画像の2枚目のように、サーボケーブルを金具中央にある楕円形の穴に通します。

連結金具にサーボケーブルを通したら、ケーブルを少し引っ張ってあげて、金具を跨いでいる部分がたるまないようにしてあげます。

強く引っ張り過ぎてサーボモーターの基盤から抜けてしまわないように気をつけましょう。

肩フレームにケーブルを通してシャフトに差込み、肩パネルを取り付ける。ケーブルのたるみに注意

今度は肩フレームを取り付けていきます。
先程の連結金具にある楕円形の穴から出ているサーボケーブルを、肩フレームの大きな穴に通します。

大きな穴にサーボケーブルを通す。
このような位置関係でシャフトへ差し込む。

肩フレームの大きな穴にサーボケーブルを通した状態で、サーボモーターのシャフト部分を肩フレームにあるギザギザの付いたくぼみに差し込みましょう。

肩フレームを押し込むようにしてしっかりとシャフトへ固定します。

サーボケーブルを引っ張り、たるみを取る。

肩フレームを取り付けたら次に肩パネルを重ねるのですが、そのまえにケーブルのたるみがある場合はそれを取ってあげましょう。

連結金具のところでサーボケーブルが抜けてしまわないように押さえつつ、肩フレーム側から出ているサーボケーブルを真っ直ぐに引っ張ります。

赤い円同士が重なるようにパネルを取り付ける。

ケーブルのたるみが取れたら、肩パネルを用意して上記の画像のような位置関係にします。
肩パネルの溝の部分に、丁度サーボケーブルが収まるようになっています。

肩パネルをネジで固定する。

連結金具に肩パネルを重ねたら、ネジ穴同士が合わさるように調整して、付属のM2x7mm皿ネジで固定してあげます。

サーボケーブルに保護シールを貼り付けて、サーボモーターへ取り付ける準備をする

今号最後の工程です。
毎度お馴染みの保護シール貼り付け作業ですね!

【PUSH】と書かれた表面に貼り付ける。

【PUSH】と刻印されている方が表側です。
こちらの面に、コネクターからはみ出さないように保護シールを貼り付けましょう。

反対側のコネクターにも貼り付けたら組立作業は完了です。

週刊ロビ(Robi)第20号の完成!

さあ今号の組み立て作業以上です。
週刊ロビ第20号の完成品はこちらです!

週刊ロビ第20号での完成品。

右腕に続き、いよいよ左腕も完成に近づいてきました。
早く胴体部分に取り付けたいですね!

週刊ロビ第20号分の、デアゴスティーニ公式組み立てサポート動画はこちらです。

さて、次回の週刊ロビ組み立て記事は第21号となります。
次号では左肩用のサーボモーターのテストと、ID書き込みなどを行ないます。

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク