ガマニアの新作オンラインアクションRPG「ティアラ コンチェルト」のクローズドβに当選した件

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

ガマニアデジタルエンターテインメントの新作オンラインゲーム「ティアラコンチェルト」のクローズドβテストに当選しました。
可愛いキャラクターのアクションRPGということで気になっていましたが、テスターとして参加できることに。

スポンサーリンク

ガマニアの新作

オンラインゲームをやっている方であれば、ガマニアはご存知かもしれません。
オンラインゲームの開発・運営を行っている会社で、「ブライトシャドウ・ルーセントハート・ディビーナ」などのタイトルをサービス展開しています。

実は私もガマニアのゲームは結構プレイしていて、上記3タイトルはお気に入りでした。

これらのタイトルはいずれもMMORPGでしたが、今回の新作「ティアラコンチェルト」は「軽快MOアクションRPG」とのことで、今までとは違った作風ですね。

やっぱりガマニア キャラが可愛い

ティアラコンチェルトのイメージイラスト

そもそも私がガマニアのゲームを始めたのもキャラクターの可愛さが最大の要因でした。

ここの運営のゲームは総じてキャラクターが日本のアニメ調を意識した可愛らしいつくりとなっています。
ティアラコンチェルトでもそれは健在で、4gamerの開発陣へのインタビュー記事にはこんなことが載っていました。

4Gamer:プレイヤーのなかには,まずはキャラデザインが最重要という方もいらっしゃったと思いますが。

Aki LI氏:アバターのデザインなどは非常に好評で,嬉しく思っています。実は自分を含めてFiredog Studioのスタッフたちは,小さい頃から日本のアニメや漫画の影響を受けていて,自然に制作したものが日本向けに合致していたんですよ。

4Gamer.netより引用

どうりでキャラが可愛いわけですよ。

ノンターゲティング形式の軽快アクション

大抵オンラインRPGというとモンスターをクリックしてキーボードのショートカットキー押してという流れなのですが、今作はノンターゲティング形式のアクションゲームとなっているようです。

ちなみに、ブライトシャドウ・ルーセントハート・ディビーナはいずれもターゲティング形式でした。

ターゲティング形式は多くのオンラインゲームが採用しており、操作が簡単(やり込むとそうでもないのだが)なのですが、後半はレベリングがひたすら作業ゲーになりがちで私のようなライトゲーマーには少々苦しい部分もありました。

ティアラコンチェルトはノンターゲティング形式ということもあり、キャラクターを自分が操作してる感が増して直感的に遊べるでしょうから、「作業してる感」が薄れて、長く楽しめるかもしれません。

クローズドβが始まったらその点を中心にレポートしてみようかと思っています。

また、クローズドβから新機能として「PvPシステム」が実装されているようです。
プレイヤー同士の戦いも楽しそうですね~。

クローズドβ実施期間

2013年2月6日 水曜日 18時から 2013年2月13日 水曜日 11時までとのこと。

ぬるゲーマーなのでどこまで遊びきれるかあまり自信ないですが、いろいろ楽しんでこようと思います。

©2013 Firedog Studio Company Limited
©2013 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

スポンサーリンク