『とびだせ どうぶつの森』 プレイ日記 その3

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

あるとら村にも雪が積もり、村はすっかり雪化粧となりました。

さてさて、雪が積もっている間だけのイベントといえば、雪だるま作りです!
早速村長自ら雪だるま制作に取りかかります。

まずは村のどこかにある小さな雪玉を見つけて、
上手に転がします。
転がしていくうちに、どんどん大きくなっていく。
もう片方の雪玉も見つけてふたつを合体させます。
大きさを上手く調節しながら慎重に運びます。
大きく上手に出来ると『ゆきだるマン』となり、『ビンゴゲーム』に誘われる。
目の部分がスロットになっていて、1日1回スロットを回せる。
数が揃えばアイテムが貰えるらしい。
雪だるまは1日毎に少しずつ溶けてしまう。

雪だるまは作ってから4日後には溶けて無くなってしまうようです。
1日1体分の雪玉が村のどこかにあるので、最大4体までキープできるということですね!

しかしこのビンゴゲーム、中々揃わない……。
しかもビンゴゲームにつかう『ビンゴカード』というアイテムは収納することも捨てることもできないので、常にアイテム欄を1つ消費します。(せめて収納くらいさせてw)

他の人の村におでかけしてもビンゴゲームはできるようなので、
さっさとイベント消化してしまうというのも手ですね!

ちなみに、雪だるまには『ゆきだるマン』の他にも『ゆきだるま』、『ゆきだるママ』、『ゆきんこ』が存在するそうで、どうやら作るときの大きさを調節することによって出来上がる雪だるまの種類が違うようです。

その場合はビンゴゲームではなく、別のアイテムが貰えるそうな……。
う~ん、最初そっちの方作っとけば良かったかな~(-∀-`; )

画像は任天堂「とびだせ どうぶつの森」より引用

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク